FC2ブログ
まゆげねこ
2008112915044320081129150442
ズビです。
5月に骨折したとは思えないほど
めちゃくちゃ元気!
骨が回復するに連れて
眉毛が生えてきました!
(ウソです 笑)
関連記事
スポンサーサイト



ペコ永眠
peekaboopeko2.jpg
筑紫さんが亡くなった同じ日に、我が家の猫“ペコ”が亡くなりました。
数週間前、呼吸が少し荒いな…、と思い病院へ。
検査の結果、白血病を発症、かなり胸水がたまっていることがわかりました。

これまでも何匹か白血病で見送っているので、
ペコの病気がわかった時点で、必要があるなら
安楽死も考えてあげなければ…、と覚悟していました。
ペコの胸水がたまる速度はとても速く
病院で抜いていただいた翌日には、もう呼吸が荒くなる…
というのを繰り返しました。
6日の夜には目が見えなくなり、7日の朝にかけて
かなり呼吸がつらそうで、眠ることも出来ず…。
これ以上頑張らせることの方がかわいそうだと判断。
7日に病院で、眠らせるための注射をしていただきました。

我が家の猫を、“安楽死”という形で見送ったのは2回目。
2回とも、覚悟はしていても『いつ、その決断をするか。』
というのが本当に難しく、苦しかった。
結局2回とも、猫たちが呼吸も苦しい状態になって
初めて決断することができた。
そして後から『もっと早く楽にさせてあげていれば…。』と後悔した。
でも同時に、その状態になる前に決断が出来るのか、と考えると
やはりそれは出来ない。
もう治らない、助からないとわかっていても
簡単に“命”をあきらめることなんて出来ないものです。

うちにやってきた頃は、ガリガリに痩せていて
ほかの猫にごはんを取られるのが大嫌いだった腹ペコ猫。
去勢手術のときに、カリカリと一緒にネットに入れ
そのままキャリーに動かしても、ひたすらカリカリを食べ続けるほど
その食い意地は見事なものでした。
とっても甘えん坊で、なでるのを止めると
慌てて前足で人の手を押さえて『まだ!もっと!!』と催促(笑)
なのにジッと顔を見つめられると怖いらしく
声にならない声で『にゃあ~~~っ!』と怒り出す。
きっとうちに来る前に、とても怖い目にあったんだろうな…。
もうなんにも心配することはないから
いずれそちらに向かう、ほかの仲間たちと
私のことも待っててね。

peekaboopeko1.jpg
得意の寝姿、『おめめ、ないない』
おやすみ、ペコ。愛してるよ。
関連記事
筑紫哲也さん
筑紫哲也さんが亡くなりました。
お元気でいらっしゃると思っていたので、ニュースで知り
とてもショックです。

今年の2月に、祖父の番組の収録でお会いさせて頂いた筑紫さんは
とっても気さくで、穏やかな笑顔が素敵な方でした。
でも、近くでお話させていただくと、かすかに喘鳴が聞こえ、
湿布薬のにおいがして…。
きっと、あの頃も身体が痛かったりしてらしたんだろうな。
そんな中、先頭に立って番組作りに力を注いで頂いていたんですね。
筑紫さんがいらっしゃらなかったら、祖父の残した記録や
祖父の思いを多くの人に知っていただく機会はなかったでしょうし、
それを考えると、本当に心からの感謝の気持ちでいっぱいです。

先日母が、TBSの方に伺ったところ
3月の番組が、いろいろな賞を頂いていて
筑紫さんもそれをとても喜んでいらしたそうです。
今頃は向こうの世界で、きっと祖父とも会って
いろんな話で盛り上がっているんでしょうか…。

心よりの感謝とともに、ご冥福をお祈りいたします。
関連記事
すずなり!
20081106151015
さぶとかなの散歩中に見つけたどんぐり。
こんな鈴なりになったまま落ちてるの、はじめて見た(^o^)

もう11月だもんね。
ねこやしき家では、
ただいま闘病中のコが1匹(>_<)
頑張らねば~(~_~;)
関連記事