FC2ブログ
治ったらしい…?
毎度毎度、ご無沙汰しております^^;

相変わらずもっとも多い検索ワード、“異汗性湿疹”。
昨年10月に発症した私、先月の診察でようやく
先生から『治ってる^^』と言っていただきました!
そうは言っても、『完治』と言うわけではないようで、
抗アレルギー薬は、念のため継続していただいてきました。
先生からは

 『弱い薬だから続けても大丈夫だけど、1度止めてみる?
 もしまた出てきたら、飲むようにして
 ひどくなることがあれば、また病院に来てね。』

と言っていただきました。
ならばとりあえず止めてみて、様子を見よう、と思ったら
疲れもあったせいか、止めた翌々日から手指にモゾモゾ感が…(>_<)
気のせいと思おうとしたのですが、2、3日後
仕事から帰った途端、足裏に激しいかゆみが!
すぐに治まったし、水疱らしきものもなかったのですが
ひどくなったら困るので、結局アレルギー薬は継続することにしました。
まあ、時機を見て減らしていこうかな、と思っていますが。

異汗性湿疹をキーワードに検索してこられる方たちは
たぶん、現在の私の手足がどうなっているか
気になるところではないかな、と思います。
現在はこんな感じです↓

20110905-1 20110905-2

20110905-3 20110905-4

写真映り、微妙?(笑)
あれだけの状態になり、本当にもう2度と手袋をはずせないんじゃ…、
とまで思いつめたこともありましたが、跡が残ることもなく
以前と変わらぬ状態に戻りました^^
いまだに若干爪の表面がデコボコしていたり、
甘皮もなかったりしますけどね^^;

発症した当時、皮膚科通いとともに
藁にもすがる思いで始めたのが、サプリメントによる体質改善。
こちらのサイトを参考に、当初これだけのものを服用していました^^;

CIMG0723.jpg
ビオチン、ブロメライン、ヒアルロン酸、亜鉛、乳酸菌、
オメガ3、パントテン酸、ビタミンC、アスタキサンチン(順不同)

まさに“藁にもすがる思い”。ほかにも試したもの数種。
これで良くなるなら~!って感じで飲みまくりました。
とはいえ、体質改善はすぐに効果が出るものではなく、
半年から2年はかかるので、今現在も効果があるのかどうかは???
現在はこの頃よりも、種類も減らして摂取を続けています。

自分がこの病気になって、いろいろ調べていく中で
同じ病気に苦しむ人たち、特に長い間悩まされている方たちの意見で
とても気にかかるものがありました。
それは、多くの方たちがステロイドに反対していること。
もちろんそれが悪いというつもりは、これっぽっちもありませんし、
反対している方たちには、反対するなりの経験や意見があってのことだと思います。
そういった意見を目にして、では処方する側の意見は?
と思い探したところ、とあるお医者様の意見を見つけました。
いわく、

『ステロイドは正しく使えば、非常に効果の高い薬である。
 けれど、ステロイドを処方しようとすると患者から
 “こんな恐ろしい薬を処方するなんて!” 
 と言われることがしばしばある。
 きちんと使えばもっとも効果がある薬だからこその処方なのに
 誤った知識で拒絶されるのは、医者として非常に悲しく、残念。』

考えてみたら、私の先生が“ステロイド”と言わずに
“強めの薬”と言っていたのも、理由はこんなところにあったのかも…。
私はノーテンキなので、上の意見を読んで、なるほどね~^^
とにかく治るんなら!このかゆみから解放されるなら!
ステロイドだろうと、なんだろうとすがってやる!って(笑)
結果、よく言われる色素沈着なんてものもありませんでした。
途中、水疱跡が黒くなって、慌てたことがありましたが、
結局は普通の傷や火傷が治る過程で、黒っぽくなるのと同じ現象でした^^;
一時期、皮膚も薄くなっていたみたいですが、
今じゃ足裏にしっかり出来た底マメを、
電動ヤスリでガーリガリ削る状態に戻っていますしね~。

治療法の何がいいとか、こうするべきだ!なんてことは言えません。
たまたま私は運がよくて、いいお医者様に出会い、
お薬との相性がよかっただけかもしれませんからね。
個人差がある以上、結局最終的には、患者本人が選ぶしかないですよね^^;
とりあえず、同じ病気に苦しんでいて、ここに来てくださった方たちにとって、
私の経験がひとつの参考になれば幸いです^^


関連記事
スポンサーサイト